文字サイズ
標準
大きく

再生医療にも注目が集まる アンチエイジング研究と医療のいま

近畿大学アンチエイジングセンター副センター長の山田秀和氏
近畿大学アンチエイジングセンター副センター長の山田秀和医師

   シワ、たるみ、薄毛、体形......、年をとると大きく変化する「見た目」は、外見だけの問題なのか、内面の反映として病気のリスクや予兆を知ることができるのか。医師や専門家らが、科学と臨床の現場の両方から「見た目」をひとつの指標として考え、研究する「第10回 見た目のアンチエイジング研究会」に出席した。

世界中の研究論文からピックアップ

   研究会は、2016年7月17日に東京大学伊藤国際学術研究センターで行われた。

   最初に、近畿大学アンチエイジングセンター副センター長の山田秀和氏が講演した。「見た目のアンチエイジング」を考える際に大切なのは、運動や食事、精神面での対策のほか、感染症や腸内細菌、夜間のブルーライト、日光など「環境」に関する対策だと述べた。

   そのうえで、「見た目のアンチエイジングアップデート2016」と題し、近年発表された研究論文の中から山田氏が注目したものを紹介した。例えば、慢性疲労に悩む人は腸内疾患のケースがあり、そこには腸内細菌も深く関わっている可能性を示すもの、硬水は乳幼児の湿疹リスクを高める、日光や紫外線だけでなく近赤外線も眼に影響することなどを示唆する論文だ。

   そのほか、カロテノイドがたっぷり入ったスムージーが、アジア人の肌の色の黄色みや赤みを増やすというユニークな研究もあった。山田氏は、今後は運動すると肌が若返るのかということに注目したいが、現時点では評価できる論文がまだないとした。

注目情報

「話題の最新技術で健康がどう変るのか?」をテーマに2月2日開催

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット