文字サイズ
標準
大きく

当たり前のようにやっているけど、実は間違い? 美白化粧品の効果、パッティング...

   アンチエイジング医師団代表の塩谷信幸医師が理事長を務める、アンチエイジングネットワークが主催する「アンチエイジングセミナー2016」が、11月11日に東京国際フォーラムで開催された。

東京女子医科大学・皮膚科学教室講座主任 川島眞教授
東京女子医科大学・皮膚科学教室講座主任 川島眞教授

   13回目となった今回のテーマは、「皮膚科医がこっそり教えるスキンケアの常識、非常識」。化粧品の効果やスキンケアの知識について、東京女子医科大学・皮膚科学教室講座主任川島眞教授らが、一般的には常識とされるさまざまな非常識を講演で取り上げた。

まずは正しいスキンケア、化粧から

   そもそも皮膚や肌を若々しく保つというと、普段から当たり前のようにやっているスキンケアよりも、外科的な手法などのほうが効果的では、と考えてしまうかもしれない。 しかし、塩谷医師は冒頭、「適切な化粧やスキンケアで満足できるなら、メスを使わないほうがいい」と語った。

アンチエイジング医師団代表の塩谷信幸医師
アンチエイジング医師団代表 塩谷信幸医師

   「それでもカバーできていないと感じるようなら、まずはメスを使わないレーザーなどを。手術に踏み切るのは、最後の本当にやむを得ない手段であると考えています」(塩谷医師)

   大切なのは、正しく適切なスキンケアや化粧をすることだが、皮膚科医から見ると驚くような非常識が、なぜか一般的な常識として受け入れられていると、川島教授は指摘する。

   例えば、誰もが気にする「シミ」は、医学的に定義されたものではない。「そばかす」や「肝斑」「色素斑」、さまざまな母斑はもちろん、腫瘍やがんも含めて20種類以上の症状すべてがシミと一括りにされているのだ。

   多くのシミは肝斑や日光性(老人性)色素斑であることが多いが、「ほくろのがん」ともよばれる「悪性黒色腫(メラノーマ)」を、単なる皮膚の黒ずみ、シミだと思い込む可能性もあり、たかがシミと馬鹿にもできない。

   川島教授も、「シミに関する施術を受ける場合は、きちんとした診断ができる場所でなければ危険」だという。

   では、そういったシミに効果が期待できそうに思える「美白化粧品」はどうだろうか。美白化粧品は、医薬部外品として売られている薬用化粧品だ。「アルブチン」や「ルシノール」「チロシナーゼ」など、各製品さまざまな美白成分を含んでおり、高い効果があるように思える。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット