文字サイズ
標準
大きく

低糖質食「ロカボ」の効果は? 食前、食後で血糖値測定を体験してみた

   糖尿病や肥満、メタボリックシンドロームの予防につながると注目されている、ゆるやかな糖質制限「ロカボ」。

北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長 山田悟氏
北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長 山田悟氏

   その提唱者である北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長で、アンチエイジング医師団の顧問団メンバーである山田悟氏(一般社団法人 食・楽・健康協会代表理事)が、2016年11月14日の「世界糖尿病デー」にちなんで、ロカボの最新動向を伝える記者発表会を行った。

   会場で記者は食前と食後に血糖値を測定し、糖質による血糖値の変化を体験した。

血糖値92から164に跳ね上がり

   その日は、7時に朝食(白米、目玉焼き、漬物、みそ汁)を食べ、午前中は間食をせずにのぞんだ。12時22分に食前の空腹時血糖値を測定。結果は92mg/dl。正常値は110 mg/dlまでだから問題なかった。

   計測後は、ランチタイムだ。「通常食」と「ロカボ食」の2種類があり、記者はくじ引きで「通常食」を食べた。提供されたのは、おにぎり2個と野菜のスムージー。忙しい日ランチによくありがちなメニュー。味はおいしく、お腹いっぱいになった。糖質は100グラム程度で593カロリーだという。

   食事後すぐに記者発表会が始まった。1時間経って再度血糖値を測ると記者の血糖値は164 mg/dlまで跳ね上がっていた。食後の正常値は140mg/dlまでというから、完全に異常値だ。

as_20161202110039.jpg

   一方、「ロカボ食」は、フルーツグラノーラ、牛乳、ブランパンの卵サンドイッチ、ブッセ2個。主食だけでなく、デザート付きだ。こちらの糖質は39.2グラム程度で、687キロカロリー。ロカボ食を食べた人たちの食後の平均値は122 mg/dlで正常値内だった。

   おいしく食べた低カロリーランチが急に恨めしくなってきた...。

   山田医師によると、糖尿病を発症する日本人は1年前から、空腹時血糖値に異常がみられ、食後の血糖においては、10年前から異常がみられるようになるという。

   記者は、これまで健康診断で血糖値の異常を指摘されたことがないが、「10年後」に向けて黄信号。いまから注意する必要があるということだ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット