文字サイズ
標準
大きく

中国患者事情

   今日は「自由が丘クリニック」の古山理事長に夕食をご馳走になった。

   僕は昨日この場で、学会で耳にしたばかりの中国の患者の横暴ぶりをご紹介したが、決してそんな患者ばかりではないということだった。

as_20170116125151.jpg

   自由が丘クリニックは中国でも評価は高く、大勢の患者が訪れる。その方たちは皆礼儀正しく、よい患者さんばかりだという。

   また、医師たちも皆勉強熱心で、4月には中国の医師団のためのセミナーを開催予定しているので、僕も参加して中国人に対する認識を改めて欲しいということだった。

[アンチエイジングブログ! 2017年1月15日より転載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット