文字サイズ
標準
大きく

冬の死亡増加率が一番低い北海道 寒冷地なのに...秘密は住宅にあり

   住宅を断熱工事して冬でも暖かくすると、血圧が下がって健康にいいことが、国土交通省の調査チームが2017年1月13日に発表した報告で明らかになった。

   室内の気温が低くなるほど血圧が高くなり、高齢者ほど血圧の変動幅が大きくなる傾向が確認され、同省では住宅の断熱改修工事を呼びかけている。

寒冷地では断熱性能のよい住宅が普及(写真はイメージ)
寒冷地では断熱性能のよい住宅が普及(写真はイメージ)

世界中どこでも冬は夏より死亡率が増加

   この報告は、同省が2014年から進めている「健康・省エネのスマートウェルネス住宅推進事業」の一環として行なった「住宅の断熱改修が健康に与える影響調査」の中間報告。村上周三・東京大学名誉教授(環境工学)らの調査委員会が研究にあたった。

   同省の発表資料によると、世界中のどの国・地域でも冬は夏より死亡率が増加する。欧州の冬の死亡増加率を見ると、フィンランドなどの寒冷な国では10%前後だが、スペイン、ポルトガルなどの温暖な国では22~28%に急増する(2010年調査)。日本でも北海道や青森県は10~11%だが、鹿児島、愛媛、静岡県などの温暖なところは21~22%と高くなる。実はもっと高いのが栃木県の25%、次に茨城県の24%だが、これは北関東特有の「冬の空っ風」をまともに受けるためとみられる(2014年調査)。

   寒冷地と温暖地にこれだけ死亡率に差があるのは、フィンランドや北海道では、断熱性能のよい住宅が普及し、冬でも室内の気温が暖かく保たれているが、温暖な国や県では断熱住宅が少ないため、冬の室内が寒くなるためだ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット