文字サイズ
標準
大きく

インフルエンザの流行さらに加速 患者数は前週の1.5倍、400万人に迫る

   国立感染症研究所は2017年1月20日、第2週(2017年1月9日~年1月15日)のインフルエンザの流行状況を発表した。定点当たりの患者報告数は15.25人となり、前週の報告数の10.58人の約1.5倍に急上昇した。累計の患者数は約400万人に達する勢いだ。

   47都道府県中、44都府県で前週よりも報告数が増えた。同研究所では今後も患者は増え続け、1月下旬~2月上旬あたりにピークを迎えるのではとみている。

マスクと手洗いの徹底を
マスクと手洗いの徹底を

愛知、岐阜と千葉、埼玉、福井で猛威ふるう

   都道府県別では愛知県が24.74人でトップ。続いて岐阜県21.00人、埼玉県20.21人、千葉県20.04人、福井県19.50人、茨城県18.48人、静岡県18.26人、三重県17.93人、山梨県17.54人、群馬県17.36人、岡山県17.15人、宮崎県17.00人、沖縄県16.93人、広島県16.83人、大分県16.83人、神奈川県16.67人、秋田県16.37人、愛媛県16.20人、滋賀県15.75人、長野県15.74人などの順となっている。

   定点医療機関からの報告をもとに、この1週間に受診した全国の患者数を推計すると約99万人となり、前週の約81万人よりも増加した。年齢別では、20代が約14万人、30代、40代、70歳以上がそれぞれ約11万人、5~9歳が約10万人、0~4歳、10~14歳、15~19歳、50代がそれぞれ約9万人、60代が約7万人となっている。また、流行が始まった2016年第36週からの累積の推計患者数は約386万人となった。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット