文字サイズ
標準
大きく

無精子症のメカニズム解明 特定の遺伝子が関係、九大など3大学

   男性不妊症のひとつ、無精子症のメカニズムが明らかになったと、九州大学、中部大学、近畿大学の研究グループが2017年1月18日に発表した。

   精巣内にのみ発現する「H3t遺伝子」が関わっているという。

男性不妊症診断ツールの開発につながる可能性

   精子は、精巣の中にある精子幹細胞が細胞分化することで形成される。研究グループはマウスを用いた実験で、「H3t遺伝子」を欠損させると細胞分化に異常が生じ、精子の形成ができなくなって無精子症になると明らかにした。

   発表資料によると、不妊の原因の半分は男性側にあるとされており、男性不妊の多くは無精子症とされている。研究グループは、H3t遺伝子を利用した男性不妊症診断ツールの開発や、男性不妊症のさらなる原因解明につながる成果だとしている。

[J-CASTヘルスケア 2017年1月22日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット