文字サイズ
標準
大きく

機能性表示食品が4倍増に急成長 「内臓脂肪」「アイケア」が人気

   矢野経済研究所は2017年1月23日、2016年度の健康食品の市場規模調査を発表した。それによると、メーカー出荷金額ベースで、前年度比100.9%の7500億円が見込まれる。2015年度に市場の押し上げ効果があった訪日外国人のいわゆる「爆買い」が2016年度は収まり、需要が沈静化したためだ。

   一方、2015年4月から開始された機能性表示食品は、初年度が446億円だったが、2016年度は約4倍の1483億円が見込まれる。

   機能性表示食品について30代以上を対象とした消費者アンケート調査を行なうと、約7割の消費者が機能性表示食品を知っており、2割強が摂取した経験を持っていた。また、同食品の機能で関心があるものを尋ねると、「内臓脂肪対策」と「中性脂肪対策」がともにトップで24%、続いて「コレステロール対策」(18%)、「整腸」(17%)、「疲労感軽減」(16%)、「アイケア」(16%)などの順だった。

   同研究所では、機能性表示食品の数が急増しており、2017年度も引き続き市場の押し上げ効果が期待されるとみている。

[J-CASTヘルスケア 2017年1月24日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット