文字サイズ
標準
大きく

インフルエンザはアプリで予防する 注意すべきは「絶対湿度」

インフルエンザ予報計(Takahiro Izaki)

   例年1~2月に流行のピークを迎えるインフルエンザは、空気が乾燥すると感染しやすくなる。湿度はインフルエンザの予防を考える上で大事な指標だ。

   感染リスクを示す指標のひとつに「絶対湿度」があり、これが低いほど感染する可能性が高くなる。絶対湿度の予報を伝え、インフルエンザへの警戒を促すのがアプリ「インフルエンザ予報計」だ。

折れ線グラフで示されているのが「絶対湿度」
折れ線グラフで示されているのが「絶対湿度」

11グラム以下で「流行開始」の目安に

   空気中の水蒸気含有量は気温によって異なり、低温になるほど少なくなる。よく目にする「湿度○○%」という数値は、その気温の空気が含み得る最大の水蒸気量(飽和水蒸気量)に対する、実際の水蒸気量の割合を示す「相対湿度」を指す。一方、「絶対湿度」とは、気温にかかわらず空気1立方メートル中に含まれている水蒸気量を指し、単位はグラムで表される。

   絶対湿度はインフルエンザの流行と相関関係があると、庄司内科小児科医院の庄司眞院長が30年分の気象データとインフルエンザ感染者数を調べた結果、明らかにしている。庄司氏が学術誌「地球環境 第8巻の2」(2003年)に寄せた論文によると、絶対湿度が11以下で「流行開始」、7グラム以下になると「流行拡大」の目安になるという。

   実際に活用している機関もあり、宮城県地域医療情報センターはウェブサイトで、絶対湿度に基づいたインフルエンザ流行予測情報を毎週配信している。また、タニタをはじめ複数の健康器具メーカーがインフルエンザ予防に役立てるため、絶対湿度を表示する温湿度計を販売している。

   アプリ「インフルエンザ予報計」は、絶対湿度の予報を3時間単位で24時間後まで折れ線グラフで表示し、インフルエンザ感染への警戒を促す。絶対湿度に応じ、リスクレベルは以下のように5段階に分けられている。

・安全...17グラムより多い
・ほぼ安全...11グラムより多く、17グラム以下
・注意...7グラムより多く、11グラム以下
・警戒...3グラムより多く、7グラム以下
・厳重警戒...3グラム以下

   予報を表示する地点は、全国の市区町村から5か所まで選択して設定でき、変更もいつでもできる。絶対湿度以外にも気温や相対湿度、天気、降水量、風向きと風速の予報、インフルエンザに関する短い「参考メモ」も、同時に画面上に表示される。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

女性は86歳で世界1位
男性は...?

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

4月3日現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット