文字サイズ
標準
大きく

ダウン症の「国内初」学術団体 当事者・支援者・専門家が連携

   ダウン症の当事者、支援者、専門家が連携した国内初の学術団体「日本ダウン症会議」が2017年2月1日、発足した。

   これまでダウン症をめぐる社会的な活動は主に当事者団体の「日本ダウン症協会」が担ってきたが、専門家団体である日本ダウン症療育研究会、日本発達障害学会の協力を得て専門家も加わる新組織を作り、幅広い分野での情報の共有と啓発活動を目指す。

医療、福祉の専門職にも実像が伝わっていない

   日本ダウン症協会の発表資料によると、ダウン症は染色体の異常によって起こり、知的な発達が通常よりゆっくり進むなどの特性がある。ダウン症の人の中には、芸術やスポーツなど様々な分野で活躍する人が次々と現れる一方、出生前検査・診断の広がりで、議論の矢面に立つことがあり、福祉や教育で転機を迎えている。国内に専門の学会がなく、療育や医療、福祉の専門職の間にも実像が伝わっていない。情報を共有する仕組みもなかった。協会だけの活動では限界を感じ、広く専門家の協力を得る必要性を感じていたという。

   2017年11月11~12日には初の大会を東京都内で開き、出生前診断をテーマとした公開講座などを予定している。

[J-CASTヘルスケア 2017年2月3日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット