文字サイズ
標準
大きく

食と農で「日本を健康にする」研究開発シンポジウム 2月20日にUstreamで視聴できる

   早稲田大学持続型食・農・バイオ研究所は、2017年2月20日、12時30分から「コレド日本橋 早稲田大学日本橋キャンパス」(東京都中央区日本橋1-4-1コレド日本橋5階)で「農・食で『日本を健康にする』研究開発シンポジウム」を開く。

画像は「早稲田大学持続型食・農・バイオ研究所」のサイトキャプチャ
画像は「早稲田大学持続型食・農・バイオ研究所」のサイトキャプチャ

   企業・行政・研究機関の関係者らが、食と栄養、運動など健康に関する研究開発や政策の最新動向などを講演する。

   基調講演として、2015年からスタートした「機能性表示食品制度」に関して、一般社団法人消費者市民社会をつくる会(ASCON)代表・元消費者庁長官の阿南久氏が話す。

   また、大手コンビニ「ローソン」が、美しく健康で快適なライフスタイルをサポートするというコンセプトで店舗展開している「ナチュラルローソン」での取り組みについて講演する。

   そのほか、早稲田大学スポーツ科学学術院教授の樋口満氏による講演「健康長寿とアクティヴ・ライフスタイル」など、全部で8講演が予定されている。

   また、早稲田大学ナノライフ創新研究機構研究院教授の矢澤一良氏から、健康に役立つ成分が入った「機能性おやつ」の紹介もある。「機能性おやつ」は、近年商品数が増えて注目されている。

   シンポジウムは定員に達したため、参加申し込みは締め切られているが、当日、Ustreamでの配信がある。
詳しくは、こちら。
http://www.waseda.jp/prj-sfsabi/symposium20170220.html

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット