文字サイズ
標準
大きく

宮崎のピーマン「栄養機能食品」に ビタミンCの量が通常の1.3倍

   2017年3月10日、「栄養機能食品」の表示がついた宮崎県産ピーマンが全国で初めて販売され、宮崎市内のスーパーマーケットで売り出された――。産経新聞や毎日新聞が報じたのは「みやざきビタミンピーマン」。JA宮崎経済連のウェブサイトによると、全国標準値(日本食品標準成分表2010値)に比べ、約1.3倍のビタミンCが含まれているという。

   栄養機能食品は、ビタミンやミネラルなどの栄養成分を補給するために利用する食品のこと。一日当たりの摂取目安量が、効果のある上下限値の範囲内にあり、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示も表示することで、「ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です」といった栄養成分の機能を表示することができる。

   2015年4月1日に施行された食品表示法によって、それまでは加工食品に限定されていた栄養機能食品が生鮮食品にも認められることになり、これまでに新潟県のいちご「越後姫」や香川県のキウイ「さぬきゴールド」などが登場していた。

野菜も栄養機能食品になる時代
野菜も栄養機能食品になる時代

[J-CASTヘルスケア 2017年3月10日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

女性は86歳で世界1位
男性は...?

海外で禁止されている製剤が日本では使われている?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット