文字サイズ
標準
大きく

大阪・淀川のシジミから「貝毒」 しびれや呼吸困難「食べるな危険」

   大阪府の淀川下流や大阪湾で採れたシジミやアサリなどの二枚貝から、国が定める規制値を超える「麻痺性貝毒」が検出された。2017年3月23日から24日にかけて大阪市や大阪府などがウェブサイトで、「安全性が確認されるまで淀川に生息している貝類を採取して食べないでほしい」と呼びかけた。

   大阪市は「淀川に生息するシジミを採取して食べるようなことは絶対にしないでください」と、かなり強い注意喚起を重要なお知らせとして発表しているほどだ。

潮干狩りシーズン貝毒の発生情報に要注意
潮干狩りシーズン貝毒の発生情報に要注意

強く加熱しても毒性は残ったまま

   潮干狩りのシーズンになると耳にすることも多い「貝毒」だが、それほど危険なものなのか。

   貝毒の原因は食中毒で一般的なウイルスや菌類ではなく、二枚貝が餌として食べる海水中のプランクトンだ。一部のプランクトンには毒素が含まれており、貝に蓄積されていくことで毒を持つようになる。

   大阪府の発表によると、毒性を持つプランクトンが増加し始めるのは水温が上がる4月ごろ。潮干狩りで貝を採る人が多い時期にあたる。今回のケースでも大阪では、潮干狩りの禁止はもちろん、漁獲された二枚貝が市場に流通しないよう措置がとられている。

   厚生労働省のウェブサイトに掲載されている「自然毒のリスクプロファイル」では、貝毒はその毒の作用によって大きく「麻痺性貝毒」「下痢性貝毒」「記憶喪失性貝毒」「神経性貝毒」の4つに分類されるが、国内で確認されているのは麻痺性と下痢性の2つで記憶喪失性と神経性は国内で確認されていない。

   貝に含まれている毒の量にもよるが、毒性はかなり高く、食後30分程度で発生し下痢性は下痢や腹痛、嘔吐が、麻痺性は舌や唇、顔面、手足のしびれが生じ、最悪の場合呼吸困難などで死亡することもあるという。

   大阪市によると、淀川で確認されたシジミの毒性は1グラム当たり22マウスユニット(MU)だ 1MUは、20グラムのマウスが15分で死亡する毒量で、国の規制値は1グラム当たり4MUなので、大幅に上回っている。人の致死量は体重60キロの人で約3000~2万MUと言われており、シジミだけで死に至ることはなさそうだが、大阪府立環境農林水産総合研究所の研究員はJ-CASTヘルスケアの取材に対し、「貝の種類や個体で毒性は大きく差があるため、『これくらいなら大丈夫』という量はない」と答えた。

   貝毒が厄介なのは、外見や臭いでは判断できず、熱に強いため加熱調理でも無毒化できない点だ。予防するには当該地域の貝を食べないようにするしかなく、症状が現れた場合は速やかに医療機関を受診する必要がある。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

女性は86歳で世界1位
男性は...?

海外で禁止されている製剤が日本では使われている?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット