文字サイズ
標準
大きく

ジェネリック薬は「おいしさ」がウリ? コーヒー味にイチゴ味...その目的

   ココア、コーヒー、抹茶――。午後のおやつタイムのカフェメニューに見えるが、実はすべて薬の味だ。2017年3月31日に兵庫県が発表した、県内の薬剤師や薬局を対象に行った「薬剤師がお薦めするジェネリック医薬品(GE薬)調査」の結果に記載された項目には、多様な味が並ぶ。

   糖衣に包まれた甘い錠剤や小児用の甘いシロップ薬、薬を飲みやすくするためのゼリーはあるが、一般向けの薬の味もここまで豊富なことに驚かされる。

「抹茶味の抗菌剤あります?」と聞く日は来るのか
「抹茶味の抗菌剤あります?」と聞く日は来るのか

小児用ではバナナが人気

   兵庫県の調査は薬のおいしさを決めるものではなく、患者に人気があったり調剤しやすかったりという観点から、薬剤師自身がすすめるGE薬を調査し、医療機関や薬局がGE薬を選択する際に参考となるリストを作成するために実施されたものだ。県内の821施設から回答を得ている。

   調査対象となったのは内服薬793品目、外用薬280品目、注射1品目で、そのうち回答薬局件数(おすすめした薬局件数)が3件以上となった「おすすめGE薬」は178品。

   調査票によると内用薬の「おすすめする理由」には使いやすさや価格、形状などに加え、「味が良い」「臭いが良い」という項目があり、冒頭のさまざまな味はここに詳細情報として回答されたものだ。例えば小児用ではシロップ状の製品が多いためか、味も「オレンジ味で飲みやすい」「イチゴ味で飲みやすい」という記述が目立つ。

   人気なのはバナナ味で、30品目ある小児用GE薬のうちバナナ味は5品。さらにチョコバナナ味も1品ある。その他、桃や青りんごなどフルーツ系の味が小児用の主流のようだ。

   小児用以外とされているGE薬にも、数は多くないもののさまざまな風味がある。記載されているだけでも「オレンジ」「ヨーグルト」「ミント」「ココア」「コーヒー」「イチゴ」「メントール」「抹茶」が確認された。「杏仁豆腐のような味で飲みやすい」という記述もある。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット