文字サイズ
標準
大きく

【女の相談室】松居直美「3年前から更年期障害」 日常生活に支障、症状さまざま

   タレントの松居直美さん(49)が2017年4月23日、自身のブログで3年前から更年期障害の症状が現れたと告白した。読むと、日々の暮らしでかなり苦労した様子がうかがえる。

   松居さん以外にも同様の症状に苦しんだ芸能人がいる。女性のみならず男性の更年期障害も、近年クローズアップされてきた。

女性も男性もホルモンの量に注意を
女性も男性もホルモンの量に注意を

女性ホルモン「エストロゲン」低下が主原因

   「更年期」とは閉経前後の約5年間のことを指す。日本産科婦人科学会のウェブサイトは、この期間に現れるさまざまな症状の中で他の病気によって引き起こされているものではない症状を「更年期症状」と呼び、中でも症状が重く日常生活に支障を来すレベルのものを「更年期障害」と呼ぶと説明している。主な原因は女性ホルモン「エストロゲン」の低下だが、これに加齢による体の変化や心理的な要因、環境などが複合的に組み合わさることで症状が生じると考えられる。

   更年期障害特有の症状はない。同学会が挙げている代表的な症状だけでも、のぼせや汗、冷え症、動悸、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい、イライラや怒りっぽいなどの情緒不安定、腰痛や関節痛、嘔気や食欲不振、皮膚の乾燥感と多様だ。

   松居さんはブログの中で、当時つけていたという日記に、

「今日はだるいからずっと寝ていた」
「直樹(編注:息子)の文化祭に行ったけど冷たくされて泣きながら帰って来た」

と書かれていたと告白。体が急に冷えだし、肌の乾燥も一気に進んだという。

   産科婦人科学会は、治療によって症状が緩和できるため医療機関を受診し、少なくなったホルモンを補う「ホルモン補充療法(HRT)」や漢方薬、向精神薬による服薬治療をすすめている。

   松居さんは更年期の漢方などは飲んでいないとし、「何がきっかけかは分からないのですが、徐々にこの身体に慣れた気がします」と語っている。時間があるときは料理教室とバレエに打ち込み、「落ち込んだ時こそ、身体がぎりぎりと音を立てるくらいバレエをして」いるというが、「何かあったら、すぐに病院へ行きます」とも結んでいた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット