文字サイズ
標準
大きく

コーヒー1日1杯で肝臓がんリスク20%減 225万人の情報を分析

   健康効果がさまざまにとりざたされることが多いコーヒーについて、このほど新たに、毎日の飲用で肝細胞がん(HCC)の危険が減るという研究結果が発表された。

   コーヒーの肝臓がんに対する効果はこれまで、国際的な衛生機関なども言及しており、今回の研究はそれらを追う格好となったが、同疾患のうちで最も多いHCCのリスクを低下させている関係が分かった。

コーヒー1日1杯で肝細胞がんリスクが20%減
コーヒー1日1杯で肝細胞がんリスクが20%減

英大学の研究グループが研究結果を発表

   コーヒーと肝細胞がんとの関係について研究結果を発表したのは、英サウサンプトン大学のオリバー・ケネディ博士らのグループ。英医師会誌(BMJ)がインターネットに設けたオープンアクセスジャーナル「BMJ Open」に論文を寄せた。

   ケネディ博士らは、26件の観察研究を用いて、それらをくまなく調査し偏りを除いて分析するシステマティック・レビューと統合解析を実施。計225万人の情報を分析した。

   それによると、1日1杯の飲用でHCCになるリスクが20%減る関連性が見つかり、2杯だと35%減る可能性があることが示された。また、5杯の場合ではリスクは半減するという。6杯以上のケースはデータが得られなかった。

   対象の観察研究の多くはカフェインの有無について言及しておらず、はっきりはしないものの、カフェイン抜きでも、効果の程度は低くなるが、HCCのリスクを下げる関連性はあるという。

   国立がん研究センターのウェブサイトによると、肝臓のがんは、肝臓にできた「原発性肝がん」と別の臓器から転移した「転移性肝がん」に大別される。日本では原発性肝がんのうちHCCが90%と大部分を占め、肝がんというとほとんどがHCCを指す。

   世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)によると、世界でもHCCは肝臓がんのサブタイプとして85%~90%を占め、東アジアと東南アジアの国々で多い。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット