文字サイズ
標準
大きく

若さをキープする最新の美容医療とは 日本抗加齢医学会2017レポート(2)

   見た目の若さを左右する顔のたるみやシワ、シミなどの治療法は年々進歩している。レーザーや注入剤、糸などを用いた「メスを使わない施術」が増えて選択肢も広がってきた。それならば治療を受けたいと希望する患者も増えている。

   2017年6月2日に開かれた第17回日本抗加齢医学会総会のシンポジウムでも美容医療が取り上げられ、多くの医師や専門家が参加した。

たるみ解消には手術か糸か

   最初に顔のたるみを解消するフェイスリフト手術を1970年代から現在に至るまで行い、東洋人に合った治療法を研究し続けてきた白壁征夫サフォクリニック院長が講演した。

as_20170622123233.jpg
施術法は進歩している

   手術には、メスで顔の皮膚を切開し皮下組織を引き上げる方法と、リフトアップ作用のある特殊な糸を皮下に注入して引き上げる「スレッドリフト」があり、一般的にメスの効果を100%とすると、スレッドリフトは25%と言われている。「メスを用いた手術は顔を『面』で引き上げ、一方のスレッドリフトは『点』で引き上げるイメージです」(白壁氏)

   白壁氏は、長年臨床研究を続けた結果、現在は出血量や腫れが少ない手術法をとっているとした。「顔全体をしっかりとリフトアップするには手術を、その後のメンテナンス用には吸収性の糸を用いたスレッドリフトがよいと考えています」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット