文字サイズ
標準
大きく

福岡県でHIV感染者とエイズ患者急増 原因不明も今後の検査件数増が肝心

   福岡県で、2016年の新規HIV(エイズウイルス)感染者、エイズ患者の数がともに46人、合計92人となり、前年の57人を大幅に上回った。

   近年、全国的にはHIV感染者とエイズ患者の数は横ばいとなっているが、福岡県では増加傾向にある。

ひとりで悩まず、無料で受けられる検査を
ひとりで悩まず、無料で受けられる検査を

HIVウイルス感染を知らないまま発症

   福岡県のウェブサイトで2017年9月25日に更新された「エイズ/HIV対策について」のページに、詳しい資料が掲載されている。2007年~16年のデータを見ると、全国の新規HIV感染者とエイズ患者の総数は、最小が15年の1434人、最多が13年の1590人で、年ごとに若干の増減はあるものの大きな変化は起きていない。なお16年は1442人で、15年に次いで少なかった。HIV感染者とエイズ患者を別々に見ても、やはり過去10年間でいずれも横ばいといってよい。

   これに対して福岡県では、2007年の総数が36件だったのに対して16年は92人と2.6倍増だ。16年は突出して多いが、過去10年で見ても15年を除いて右肩上がりで増えてきた。なぜ福岡が全国とは異なる動きをしているのか、現時点では明確な理由は明らかになっていない。

   特筆すべきは、エイズ患者の割合の多さだ。全国でみると例年、HIV感染者の半数程度だが、福岡県の場合、昨年はほぼ同数で今年はいずれも46人と全く同じだ。

   福岡県感染症対策係はJ-CASTヘルスケアの取材に対し、新規エイズ患者として報告されるケースは「(HIVウイルスに)感染していると知らないまま」発症してしまったためで、エイズ検査を早く受けていない可能性を指摘した。

   国立感染症研究所も、この点に注目している。「病原微生物検出情報」(月報)2017年9月号によると、エイズを発症してから初めてHIV感染を知る「いきなりエイズ」の率が、全国では30%程度で推移しているのに、福岡県では2013年度以降26%から50%に急上昇している点に触れた。そして「ハイリスクグループにおける受検行動の低下とも考えられるため、 福岡においては受検促進を含めた予防啓発活動が十分でないことを示唆している」と分析した。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット