文字サイズ
標準
大きく

インフルエンザで9月に学級閉鎖多発 予防接種ワクチンが足りない不安も

   9月後半になって、早くもインフルエンザの流行がみられる。首都圏では学級閉鎖となる学校が急増している。

   小中学生の子を持つ親としては、早めに予防接種をと考える人もいるだろう。だが今年は、ワクチンの製造量が例年より少なくなる。影響が不安視される。

ワクチンは足りるのか(写真はイメージ)
ワクチンは足りるのか(写真はイメージ)

休校2件、学年閉鎖6件、学級閉鎖22件

   インフルエンザは例年、秋から徐々に患者が増えて1~2月の寒い時期に流行のピークを迎える。ところが2017年は、気温が高めの9月でも患者の報告が多くなっている。

   厚生労働省の2017年9月22日付発表によると、最新となる第37週(9月11日~17日)のインフルエンザ報告数は、全国の総数が1081人で、前年同期比で約2.4倍となった。定点当たりの報告数は0.22人で、前週(第36週)の0.18人から上昇傾向だ。最も多かったのは沖縄県で3.98人と突出しており、福井県1.09人、広島県0.74人と続く。

   小中学校では、インフルエンザ流行により学級閉鎖が続出している。東京都大田区では9月6日~7日、小学校3年生の1学級で、千葉県勝浦市では9月8日に中学校2年生の1学級で、さらに埼玉県さいたま市では9月12日~14日に小学校2年生の1学級で、それぞれ学級閉鎖をしたと各都県が発表した。直近では兵庫県神戸市が9月26日~27日の2日間、小学校1年生の1学級を学級閉鎖にしたことを明らかにしている。

   全国では、第36週は休校ゼロ、学年閉鎖5件、学級閉鎖4件だったが第37週になると休校2件、学年閉鎖6件、学級閉鎖22件にまで増えた。1年前、東京都がインフルエンザの流行を発表したのは2016年11月24日。記録が残っている1999年以降で最も早い「流行宣言」となった。現時点では昨年を上回るハイペースで患者の報告数が増えていることから、さらに流行のスタート時期が「前倒し」になる可能性もある。

   ツイッターを見ると、子どもに早めの予防接種を望む親の投稿が見られる。ただ今年は、ワクチンの製造量が減る見込みだ。
[J-CASTヘルスケア 2017年9月29日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット