文字サイズ
標準
大きく

マインドフルネスからバレエまで 見た目のアンチエイジングの専門家が2018年を占う注目論文はコレ!

   抗加齢医学に関わる医師やアンチエイジングの専門家らが参加する「見た目のアンチエイジング研究会」。去る2017年9月10日に東京大学伊藤国際学術研究センターで開かれた。11回目となる学術集会から、今年一年の注目研究を振り返り、2018年を占う。

山田秀和氏
山田秀和氏

   学術集会で、近畿大学アンチエイジングセンターの山田秀和副センター長は世界中のアンチエイジングに関する研究から、今年注目した論文をピックアップした。

   見た目のアンチエイジングを考えるうえで、「皮膚」、「容貌」、「体形」に分けて考え、そしてそれぞれに「運動」、「食事」、「精神」、「環境」といった対策をとることが大切だという。この7項目にあてはまる研究論文やまつわるニュースを解説した。

皮膚、容貌、体形に関する研究

   まず、皮膚に関する研究で注目したのは、米スタンフォード大学の研究グループがAI(人工知能)を使った皮膚がん(メラノーマ)の診断を可能にしたこと。AIと画像処理を組み合わせ、皮膚科専門医と同等の診断精度を実現させた。山田氏は、今後は医学分野においてもさらにAIの技術が使った研究が進められるだろうと言う。

   容貌については、米ミネソタ大学が発表した「印象のよい笑顔の条件」の研究が紹介された。歯を見せて口を大きく横に広げるような満面の笑みよりもやや控えめでかつ左右対称に笑みを浮かべたほうが印象良く受け取られるという。

   もうひとつ、ニキビに悩まされた人は皮膚の老化が遅いことを示唆する研究が紹介された。山田医師は、「ニキビの原因のひとつである皮脂分泌に、肌のうるおいを保つヒアルロン酸が関係している可能性がある」と見解を述べた。

   体形に関することで、最初に触れられたのは「現代の若者が痩せすぎている」ということ。2017年5月にフランス国内で痩せすぎのモデルが活動することを規制する法律が施行されたが、これは、痩せすぎのモデルたちの健康を守るだけでなく、若者たちの「もっと痩せたい」という気持ちを抑え、拒食症を防ぐ目的もあるという。

   山田氏は「痩せすぎは緑内障のリスクが高まることを示す研究もある。一方で、痩せている人は寿命が長いという研究も あるが、BMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)が19以下の場合は脂肪リスクが高まるという研究もあり、基本は健康であることで、過度にならないよう『ほどほど』が大切」だとした。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事