文字サイズ
標準
大きく

がん患者に求められるもの、必要としているものとは 第55回日本癌治療学会学術集会レポート

   第55回日本癌治療学会学術集会が2017年10月20~22日に横浜で開催された(会長・渡邊昌彦北里大学外科教授)。癌治療学会はその名の通り、がんの予防や診断、治療に関する調査・研究を行う学会だ。

市民講座の会場
市民講座の会場

   しかし、今回の学術集会は単なるがん研究発表の場にとどまらない。「それぞれの癌、それぞれの生」というテーマから、がん患者ががんとどのように向き合って生き、何を必要としているのかを患者の立場から捉えた、興味深い発表もあった。

がん患者自身ががん臨床試験を支えている

   学術集会では一般参加も可能な市民公開講座も行われ、がん治療に携わる医師やがん治療の現状を伝えてきたジャーナリストらが登壇し、がん患者の就労支援や在宅緩和医療に関する知見が発表された。がん医療は、その治療法の多様化、遺伝子診断等の発展に伴って、今後、患者それぞれの個性に合わせた個別化治療が更に進むことが見込まれている。多様化の波に戸惑う患者の声も多いなか、患者の立場から興味深い講演を行ったのが、「卵巣がん体験者の会スマイリー」代表の片木美穂さんだ。

   片木さんは臨床試験の積み重ねにより、より有効で安全な治療を患者に提供できるようになっていること、その臨床試験を支えているのは医師や研究者だけではなく研究に協力をする患者自身だとし、臨床試験について正しく知った上で協力して欲しいと話した。

「患者会に患者から、『なぜ臨床試験に協力しなければいけないのか』と相談が寄せられることが少なくありません。治験を経て厚生労働省に承認された治療薬を診療に用いる場合、治験とは違いがんの進行や年齢、血圧などの体調も含め、条件が異なる患者が治療に用いることになります。それらの患者にも本当に有効なのか、まれな副作用はないのか、初発再発いずれの場合に投与するほうが効果的なのか、などを明らかにするためには臨床試験が不可欠なのです」

   もちろん承認前には治験で有効性や安全性の確認が行われているが、治験だけではわからないことが多く、治療を向上させるためには臨床試験が必要になるのだ。

   片木さんによると、卵巣がんの場合、日本婦人科腫瘍学会によって「卵巣がん治療ガイドライン」が発表されているが、掲載されている標準治療の内容は臨床試験を積み重ね、その都度変更されているという。

「標準治療ではない自費診療でがんが治る、消えると主張するものもありますが、高額な治療だから効果があるわけでも、承認されていないから最先端の治療法というわけでもありません。保険適用になっている標準治療は、多くの患者が臨床試験に協力し効果や安全性を確認したものです。臨床試験はより良い医療を届けるために不可欠なものであり、がん患者の協力が必要なのです」
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事