文字サイズ
標準
大きく

鏡に映る自分は無意識に「いい顔」している? 理想の自分と現実の違い

   自分の顔や全身のスタイルなど、見た目において「理想の自分」のイメージを持っていますか?

   多くの人は、理想の自分にできるだけ近づきたいと、健康や美容に気をつかったり、美容医療を受けたりなど、理想の自分を実現するべく行動を起こしていますが、現状に満足できている人はそんなに多くないでしょう。

   今回は、なぜ理想と現実に差が出てしまうのかを考えてみたいと思います。

ミス・アメリカは低栄養状態

   魅力的で憧れの存在ともいえる、ミス・ユニバース。世界中のスレンダーな美女が候補者として選ばれていますが、実は、歴代のミス・アメリカの身長と体重の比率を見ると、年々体重が減少傾向にあり、低栄養状態に陥っていることがわかります。

   一方で、世界保健機構(WHO)が示しているアメリカの一般女性の肥満度は、年々上がっています。これは、理想と現実の差が表れているひとつの例だと思います。

米メンタルヘルスの情報サイト「PsychGuides.com」のグラフを参考に編集部作成
米メンタルヘルスの情報サイト「PsychGuides.com」のグラフを参考に編集部作成

   近年、体形に関しては、ただ単に痩せているよりも健康的かどうかが重要視され、それが魅力的だという見方に変わりつつあります。実際に、フランスでは2017年5月、痩せすぎのファッションモデルは活動できないという法律が施行されました。これはモデルたちの健康を守るだけでなく、モデルにあこがれる若者たちが過剰な痩せ願望をもつことで拒食症になってしまうのを防ぐ目的もあります。

   また、自分の容貌への否定的な気持ちが強すぎると、身体醜形障害へと発展しやすいこともあり、その傾向は男性よりも女性のほうが顕著だということが研究で示されています。 以前もこのコラムで述べましたが、人の魅力と健康は密接に関わっています。緩やかに健康と関連付けた魅力的な自分を作っていくと考えるほうが、より楽しく人生を送ることができるのではないでしょうか。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット