文字サイズ
標準
大きく

歯科でアンチエイジング

as_20180127004451.jpg

   今日はアンチエイジング歯科学会の重鎮の吉岡先生と、ソルトでランチをご一緒し、今年の塩谷塾の展開について話し合った。

   先生は塩谷塾の第5期生である。今や歯科領域は抗加齢の最重要な分野である。

   まず、噛むことは消化の助けになるだけでなく、脳の活性化にも働く。また、歯周病は歯牙の問題だけでなく、糖尿病、血管の老化など生活習慣病の原因ともなることが分かってきた。

   さらに「見た目のアンチエイジング」の立場から言えば、顔の美醜には「口周り」が目元を抑え、最も影響が強いことが分かってきた。最近は歯並びや美白に関心が強まっているのも、当然と言える。

   ちなみに新丸ビル5階のソルトはオーストラリアの素材を巧みに取り入れ、あっさりと、だがしゃれた取り合わせが楽しい。

[アンチエイジングブログ! 2018年1月25日より転載]
アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット