文字サイズ
標準
大きく

悩む人が増えている男性医療と不妊 辻村晃先生(順天堂大学医学部附属浦安病院 泌尿器科 先任准教授)

男性にも更年期があることは、多くの人に知られるようになってきました。 最近、男性医療の現場で問題になっているのは、男性の不妊です。泌尿器科が専門で、男性医療に詳しい辻村晃氏に患者さんの声や悩みは何かを聞きました。

辻村晃先生
辻村晃先生

塩谷 まず、男性医療についてですが、日本ではいつごろから盛んになってきたのでしょうか。

辻村 15、16年くらい前になります。男性医療はもともと、アメリカやヨーロッパで盛んで、65歳以上の方が元気に過ごすための医療でした。日本では、それよりももう少し若い、50〜60代の更年期(Late-onset hypogonadism:略してLOH症候群)を中心とした医療として広まりましたね。
今、国内にLOH症候群の可能性がある人は、600万人いるのではないかといわれています。

塩谷 よく、男性の更年期はうつ病にもつながるといわれますが、実際は、どうなのでしょうか。

辻村 「更年期外来」を受診された方の約8割は何らかのうつ症状があるというデータがあります。実際に、診察をしていても男性医療とうつとの関係は深いと感じています。そのほか、疲れやすい、筋力低下といった肉体的なものや、勃起不全、意欲低下など性的な症状もあります。

塩谷 男性の場合、更年期障害の治療のひとつに、男性ホルモンを投与する「テストステロン補充療法」がありますね。テストステロンがどのように働いて、治療の効果がでるのかわかっているのでしょうか。

辻村 テストステロンは、筋肉、骨、脳の海馬などにある「アンドロゲン受容体」に作用します。そして臓器を活性化させると考えられています。私は性機能を中心に臨床や研究をしてきましたが、男性ホルモンを投与すると性欲が上がるといった結果も出ています。

男性の不妊治療ができる施設は少ない

塩谷 今、先生のところには、男性からの不妊の相談も増えてきていると聞きました。不妊というと、女性側の悩みが多い印象ですが、実際はどうですか。

辻村 WHOの調査では、男性側に原因があるケースは24%です。男性と女性の両方に原因があるケースは24%。そのほかは、女性側に原因がある、または、男女共に問題ないケースです。

塩谷 どのような検査をするのでしょうか。

辻村 一番基本になるのは、精液検査です。子どもを作るために、適した量の精子があるか、精子の運動性や形は正常かどうかを確認します。

塩谷 以前、日本人の精子の数は1930年、40年代にくらべると、減っているのではないかと話題になりましたが、実際どうなんでしょうか。

辻村 以前は確かにそういわれていましたが、今の解釈では、過去と現在の検査方法に精度の違いがあり、極端に精子の数が減っていることはないと言われています。
それよりも、診察をしていると、思ったよりも無精子症の方がいるんだなと感じることがあります。
最近は、結婚するタイミングで、検査をしに来る方が増えました。データを取ってみると、検査に来られた方のうち、90%は精液に問題がありませんでした。しかし、1〜2%の方は無精子症で、だいたい100人に1人の割合で無精子症の方がいるとわかりました。

塩谷  無精子症になるきっかけは?

辻村 原因不明で、生まれつきの場合がほとんどです。血管の静脈瘤ができたことで睾丸の状態が悪くなるとか、おたふく風邪にかかり睾丸が腫れてしまったことで、無精子症になるということもありますが、稀なケースです。

塩谷 先生のほかに、男性の不妊症の治療ができる泌尿器科の医師は現状でどのくらいいるんですか?

辻村  日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医の資格を持つ医師で、泌尿器科を専門にしているドクターは、44人(2016年取材当時・現在は48名)です。西は山口、北は札幌までいますが、関東や大阪に集中しています。

塩谷 それだと、地方にお住まいの方は、近くに専門医がいないかもしれませんね。その場合は、まずどこにいけばいいのでしょうか。

辻村 まずは、不妊症に特化した産婦人科を受診することをおすすめします。そこで、紹介してもらうのが良いと思います。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事