文字サイズ
標準
大きく

【ブラックペアン解体新書②】医療監修 渡邊剛医師が徹底解説
"佐伯式"手術は、実際にもあるのか?

現在、TBSで放映中のドラマ『ブラックペアン』。心臓外科を舞台に展開される医療エンターテイメントドラマだ。
ドラマの中では、内野聖陽が演じる、神の手を持つ世界的権威の心臓外科医・佐伯清剛が登場する。彼は『佐伯式』と呼ばれる心臓手術を世界で唯一できる人物として描かれているのだ。心臓外科医の地位を巡り、ドラマの中で非常に大きなウエイトを占める佐伯式だが、ドラマでは、どんな手術法なのか詳しい解説はされていない。

そこで、『ブラックペアン解体新書』の第2回目では、この佐伯式について、ドラマの医療用ロボット監修としても参加されている『ニューハート・ワタナベ国際病院』の渡邊剛医師に話を伺った。

今は、手術法に人の名前はつけない時代に

ニューハート・ワタナベ国際病院の実際の心臓手術の模様
ニューハート・ワタナベ国際病院の実際の心臓手術の模様

佐伯式の話をする前に、少しだけ補足の話をしたいと渡邊医師は言った。

「今回ドラマで、『佐伯式』という手術法が出てきたことで、『渡邊式』とかないのですか?と質問される方がいました。
今、手術法を生み出した人の名前がついているものは実際には、ほとんどありません。80年代にブラジルの医師・ランダス・バチスタ氏が行った左室部分切除術を『バチスタ手術』と呼ぶようになり、日本では小説や映画などが出来て話題になったことから、そういう印象を持っている人が多いのかもしれません。 また、体操選手の場合は、白井健三さんのように"シライ"、"シライ2"と新しい技が生まれると名前がついていきますが、心臓外科の場合、それがスタンダートではありません。ただ、日本人は、他国に比べるとニックネーム的な通称名を好む傾向がありますね。例えば、正式には『大動脈基部置換術』と呼ぶ手術があるのですが、これを最初に報告したのがヒュー・ベントールという人だったため『ベントール手術』と呼ぶことが日本では多い。まぁ、カルテに記録するときに、大動脈基部置換術と書くよりもベントール手術と書いたほうが簡単だから、ということなのかもしれませんが(笑)。
ドラマでは、手術法をわかりやすく権威化するために、佐伯式という言い方で、存在感を出しているのかもしれませんね」

実際に、渡邊医師は、2003年に、人工心肺を使わず、心臓を動かしたままのバイパス手術(心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB))を日本で初めて成功させていたり、日本では他にできる人がいない心臓アウェイク手術(自発呼吸下心拍動下冠動脈バイパス術)や外科手術用ロボット手術なども数多く行っている。それらの手術の成功率は、なんと世界一の99.7%。世界のベストドクターに選ばれ、各国の心臓外科医の憧れの存在だ。『渡邊式』はあってしかるべきと思うところだが、今の医療現場はそういうものではないというのだ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事