文字サイズ
標準
大きく

【ASメディア視聴日記⑥】医療ドラマを観て感じること

ASメディア視聴日記6回目は、6/9(土)放送のTBSラジオ「渡邊剛の『週末ハートカルテ』」(16:50〜17:00)。
今回のテーマも、パーソナリティの渡邊剛先生が医療用ロボット監修を担当されているTBSのドラマ「日曜劇場 ブラックペアン」についてです。

TBSラジオ「渡邊剛の週末ハートカルテ」収録より
TBSラジオ「渡邊剛の週末ハートカルテ」収録より
「ブラックペアン」の手術シーンはかなりリアルに思えるものの、ドラマだけあって毎回のようにトラブルが起こります。「あんなことが度々起こってたあら外科医はやってられない(笑)」という河内先生の感想は、そりゃそうだよなーと思わず納得。「我々の日々の医療は、そんなにドラマは起こらず淡々とやっていく」とおっしゃいますが、その淡々とした毎日の中で、たくさんの人を助けてらっしゃるんだと思うと、その日常の尊さを感じます。

ドラマでは、竹内涼真さん演じる研修医が、人の命の重さに押しつぶされて泣いてしまい、小泉孝太郎さん演じる先輩医師が「過去に5人殺してしまった」という言葉で励ますようなシーンがありました。ああいう葛藤、ああいう一瞬は誰もが持つはず、という河内先生。人の命を扱う仕事に対する恐怖を感じたことがあるからこそ、真摯に治療に向き合う気持ちが生まれるのかもしれません。

渡邊先生の言葉から感じられたのは、関わった人すべてを助けるという強い思い。成長過程の未熟な段階であっても「誰も殺さない」という医師こそが生き残るべきであるという言葉や、研修生時代に教わったという「自分を人間だと思うな。プロなのだから機械だと思え」というお話に、失敗しない覚悟を感じました。

ドラマの感想を通して見えてくる先生方の哲学。医療に限らず、果たして自分は覚悟を持って臨んでいるものがあるか、と自問自答した回でした。

医師・専門家が監修「Aging Style」

※ASメディア視聴日記
・AgingStyle編集部が、テレビやラジオ、雑誌や新聞などで気になった医療情報をピックアップしてお届けするシリーズ連載
※TBSラジオ「渡邊剛の『週末ハートカルテ』」
・メインパーソナリティ=渡邊剛「ニューハート・ワタナベ国際病院」総長、医学博士
・聞き手=TBS江藤愛アナウンサー
・ゲスト=河内健二「ニューハート・ワタナベ国際病院」理事長、医学博士
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事