文字サイズ
標準
大きく

「最小で最強」のムラ社会、地域医療崩壊の救世主になり得るか?

この1週間は「ムラ社会」という言葉を想起させるニュースが多かった。

日産・西川社長の役員報酬「不正かさ上げ」問題と辞任劇、かんぽ生命保険・日本郵便の不正販売問題、そして不祥事ではないが第4次安倍晋三「再」改造内閣人事。財界や政界・官界の「村の掟」が複雑に絡み合うような、「ムラ社会色」の濃い報道が相次いだ。

いずれも老犬なりの遠吠えをしたくなるような出来事ではあるが、僕の遠吠えが多少なりとも近く響きそうなのはやはり医学界、医者の世界でのムラ社会の話だろう。

白い巨塔と黒い巨象

医者の世界での「ムラ社会」と聞いて、医師会や学会を連想する人もいるかもしれないが、大学病院を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。若い人には恐らくテレビドラマの方が馴染みのある、山崎豊子の小説「白い巨塔」で描かれた世界だ。

この小説が単行本として出版されたのは僕が8年ぶりに帰国して東大の医局に戻った翌年、1965年のこと。元は続編も含めるとその前後数年間にわたり連載された週刊誌の人気小説だった。

今になって思い返すと当時の医学界の腐敗が実にリアルに描かれた社会派小説だったが、当時の僕はインターン修了直後に東大の医局、第二外科に籍だけ置かせて貰い8年間の「幽霊医局員」状態から復帰したばかり。この小説の存在は知っていたし、目にしたこともあったが僕自身は当時、この小説に特別興味を持たなかった。この小説が追及する問題とはある意味で別次元の、日米の医学界・医療現場の「常識・非常識」などカルチャーギャップの真っ只中で手術に明け暮れる毎日だったためかもしれない。

この小説で重要な舞台になったのが「医局」であり、問題として浮き彫りになったのは時に「黒い巨象」のような存在にもなる医局制度だった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事