文字サイズ
標準
大きく

「第3回薬剤耐性あるある川柳」募集開始!

抗生物質などの抗菌薬が効きにくい性質を持つ「薬剤耐性菌」。近年、世界的に大きな社会問題となっている。

薬剤耐性(AMR=Antimicrobial Resistance)とは「抗菌薬の使用に伴って病原体が変化し、特定の種類の抗菌薬・抗生物質が効きにくくなる、または効かなくなること」(厚生労働省)。2013年の推計では、薬剤耐性による全世界の死亡者数は年間70万人。何の対策も講じなければ、約30年後には1,000万人が死亡するという予測もある。

こうした事態を受け、厚生労働省は毎年11月を「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」と位置づけ、啓発活動を行っている。

薬剤耐性あるある川柳
薬剤耐性あるある川柳

その一環としてAMR対策への理解を深めてもらおうと、第3回「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」が始まった。 応募要項は下記の通り。

【応募要項】
応募規定:
・応募はひとり5句まで
・入賞作品はひとり1句までとなります
・日本国内および海外に在住する小学生以上の方
・本人が創作した未発表で第三者の著作権を侵害しない作品、
個人情報が含まれていない作品に限ります
応募方法:
専用フォームに作品と必要事項を記入の上、投稿してください。
またハガキでも応募を受け付けていますので下記の必要事項を記入の上、郵送にてご応募ください。

①作品
②ペンネーム(フリガナ明記)
 本名(フリガナ明記)
③生年月日・年齢・性別
④郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス
※応募作品は返却いたしませんのでコピー(控え)をおとりください。

送り先・お問い合わせ先:
〒105-0011
東京都港区芝公園1-8-21 芝公園リッジビル5F
第3回「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」事務局 行
(株式会社公募ガイド社内)
TEL:03-5405-2062
Mail:amr-senryu@koubo.co.jp

応募期間:
2019年11月1日(金)から11月30日(土)(必着)
入賞発表:
2020年1月下旬(予定)
AMR情報サイト/Facebookページにて発表。
入賞者には賞状と記念品をお送りします。

応募上のご注意:
応募及び入賞作品は、当センターのウェブサイト・SNS・報道資料等、広告広報活動に使用することがございます。
ご了承のうえ、ご応募ください。

医師・専門家が監修「Aging Style」

【参考}
AMR臨床リファレンスセンター:第3回 薬剤耐性あるある川柳
http://amr.ncgm.go.jp/information/2019senryu.html

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事