文字サイズ
標準
大きく

もし健康長寿が叶うとしたら...?

今週、僕は米寿、つまり88歳の誕生日を迎えた。

自分で言うのも何だが、それなりに健康な状態で88歳の誕生日を迎えることができたのは幸せなこと。だが、これまでも今現在も、医師としての仕事や私生活でやりたいことができていること、そして88歳を迎えた今なお、この先やりたいことが残っているということはそれ以上の幸せだ。

もし健康長寿が叶うとしたら...?

「人生100年時代」や「健康長寿」が声高に叫ばれるようになって久しいが、仮にこれらを「目標」としてとらえると、それに対する「到達」や「達成」が絡んでくる。少なくとも、「言い出しっぺ」の政府はもともと社会保障費削減ありきで掲げたスローガンなので、国民の側が多少なりとも到達や達成を意識させられてしまうのは当然といえば当然。

健康長寿 or...
健康長寿 or...

だが、国民という集団の話と、それを構成する個々人の話は別だ。米寿を、人生100年に対する88歳として考えてみると「到達度88%」ということになる。味も素っ気も無い。

こんなことを考えながら、その「個々人」にしても、最近の風潮としては健康であることや長寿になることを目標にしすぎてはいないだろうかと思う。

不遜な物言いはご容赦願うとして、健康長寿に興味のある方々にはぜひ自問してほしい。

「もし健康長寿が叶うとしたら自分は何をしたいのだろうか」と。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事