Aging Styleとは?

Aging Styleとは?

いつまでも健康で、充実した日々を送りたいと考える人が増え、「QOL(クオリティオブライフ)= 人生の質」が問われる時代になってきました。健康や美容、医療情報への関心も高まっています。しかし、ネットでの情報拡散力が強まっている今日、ネット上にはさまざまな情報があふれ、情報に翻弄された人々が、健康を害したり、医療トラブルに陥ったりする現実があります。

その状況を打破するべく、2015年4月、DAA(アンチエイジング医師団)はニュースサイトを立ち上げました。健康については、実は医療がサポートできる部分は少なく、普段の生活の質の向上が重要です。そこで私たちは、このサイトの名前を「Aging Style(エイジングスタイル)」とし、広く生活(ライフスタイル)全般の情報を扱っていきます。

私たちの発信する情報が、世の中にあふれる健康や美容、医療情報の真偽を見極める指針となり、皆さまのQOL向上に役立つことを願ってやみません。

※本サイトに掲載されている医師・専門家らのコメントや記事は、治療行為に代わるものではありません。その他、本サイトのご利用にあたっては、あらかじめ<サイトポリシー>の内容をよくご確認いただきますようお願いいたします。

ロゴマークに込めた思い

生命のもつあたたかさや躍動感を「人」のラインで表現しています。
シンボルカラーは、清潔感のあるブルー。エイジングを肯定的に受け止め、人生を健やかに楽しむ人をイメージしました。

人型のマークデザインは、つながるとその間に心(ハート)が形づくられます。家族や友人、医師などさまざまな人と関わりながら、いつまでも健康に人生を楽しむことができるように。そして、人と企業と医療が結びつき、つながっていくことで、心あるものが生まれていくことを願っています。

デザイン/戸田正寿

1948 年福井県生まれ。70 年髙島屋宣伝部を経て73年に日本デザインセンター入社。 76 年戸田事務所設立。主な仕事に、サントリーローヤル(ランボー、ガウディ、ファーブル、マーラー篇)、サントリーペンギン缶ビール、三宅一生のファッション広告、展示会等、伊勢丹ファッションキャンペーン全般とCI、『アエラ』表紙アートディレクション。パルコ、ビブレ21 ファッションキャンペーンとCI、森ビル六本木ヒルズオープンキャンペーンディレクション、G8「洞爺湖サミット」会場演出・アートディレクションなどがある。
受賞歴:日本現代展三重県立美術館賞、リュブリン国際反戦芸術トリエンナーレ優秀賞、第17 回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展美術館賞、クラコウ国際版画ビエンナーレ美術館賞、その他多数。
展覧会:ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ展、ハラアニュアル招待出品展、「X=t」展(シカゴアトニウム美術館)、HEIAN 展(ロサンジェルスサンタフェ)など。

タイトルとURLをコピーしました